婚活パーティーの様子

 

婚活をスタートした時は、運命の人との出会いなので、ヤル気いっぱいで挑みますよね。

でも、うまくゆかなくて悩んでいる人は多くいらっしゃいます。

 

では、なぜ、うまくゆかないのか?

ですが、自分の理想と現実の違いですね。

 

また、うまく自分のことを伝えることが出来なかった。

 

そして、相手の魅力をうまく引き出すことが出来なかったかも知れません。

 

いずれにしても、納得する女性を見つけることが出来なかった・・・つまり、失敗は失敗なので改めなければならないのです。

 

といっても、そう簡単に自分を変えるなんて出来ませんよね。

そこで、今回は婚活サービスを利用するにあたっての失敗の原因を知って、「その改善方法はコレ!」ということを紹介しますね。

 

そのキーポイントは、つまり、あなたが意識してすることは、準備です。

この準備を前もって行っていると高い確率で婚活は成功します。

 

では、まず、どのような原因で婚活が失敗するのか?

失敗の原因から考えてゆきましょう。

 

婚活サービスで失敗

 

婚活で失敗した男性

多くの人が婚活を始めた時、最初に試してみるのが、婚活サービスです。

婚活サービスは、登録や入会すれば、すべてお膳立てをしてくれるので、最も手っ取り早いといえますね。

 

それで、婚活サービスは、婚活アプリ、ネット婚活、お見合いパーテイ、婚活バスツアー、街コン、そして、結婚相談所など色んなスタイルというか・・・

 

違った角度から異性と知り合うチャンスを提供してくれます。

しかし・・・

 

  1. 相手に自分のことをうまくしゃべることができなかった。
  2. 婚活パーティーに参加したけれど、男女ともに複数参加するためライバルが多い。
    なので、積極的で無い自分は相手を見つけることが出来てもアタックすることは難しい。
  3. 婚活サービスのスタッフに出会いの場を設定して頂き、相手の連絡先を教えてもらったのでお誘いしたのですが「断られます」これの繰り返しです。
  4. 婚活バスツアーで見事に彼女と出会いましたが、1度のデイトと数回のメールのやり取りでフェードアウトします。いつも、このパターンで失敗続き・・
  5. 「婚活合コンや婚活パーティーに10回以上参加しましたが、カップルになれたのは1回だけ、その女性とは、2回の食事で終わりました。

このような失敗が多いですね。

もちろん、私もひと通り経験しております。

では、なぜ、婚活サービスで失敗するのか?

 

婚活パーティー(お見合いパーティー)で挫折する理由

婚活パーティーはサービスへ申し込めば良いだけで、誰でも気軽に参加できます。

でも、ライバルが多いということですね。

 

その、ライバルが多い中、出会いを勝ち取らなければならないということです。

当然、知らないものどうしの出会いの場なので、まず、外見や年齢、年収などの条件で相手を選ぶことになります。

 

そこで、女性は比較してどっちが自分に適しているかを、優劣で決めることが多いのです。

 

例えば、AさんとBさん・・・どちらも少しお話しをして、どちらも好印象をもったとします。

 

そこで、「外見は同じだけど、年収はBさんの方が上なので、とりあえずBさんを第一候補に・・・

このような選び方をします。

 

ということは、Aさんの中身を知らないまま、容易に切り捨てられるのですね。

 

婚活パーティーで相手を見つけることが出来ない・・・失敗の理由は、概ねこのようなことが多いですね。

 

婚活バスツアーで失敗は人見知りが原因

婚活バスツアー

婚活バスツアーはお見合いパーティーと違って、女性との距離が近づくことと、長くお話し出来るというのがメリットがありますね。

 

でも、このような状況でも、うまく女性と話が出来ない方がいらっしゃいます。

つまり、人見知りというか・・・シャイな性格の人ですね。

 

お金を支払って婚活バスツアーに参加している限りは、努力して話すことが基本です。

それに、婚活バスツアーは、お見合いパーティーのように、積極的に女性に近づかないとお話し出来ないというデメリットがありません。

 

なのに、無言のまま終わってしまった。

なんて、もったいない気がしますね。

 

そして、婚活バスツアーの出発は朝が早い場合が多いですね。

朝が早いのは当然、長時間バスに乗っている・・・つまり、隣の女性とじっくりお話し出来るというメリットがあります。

 

また、婚活バスツアーは目的地に着いて散歩したり見学したりするので、バスでの雰囲気とは違って、外に降りて女性とゆっく歩きながらコニュニケーションを持つことが出来ます。

 

その狙いは、バスの中の状況を変化させることによって、話題が容易に出やすくなる・・・自然に話題が出来る。

 

と言うメリットがあるので、婚活バスツアーは、断然、成果に期待出来ますね。

でも、人見知りが足を引っ張ったりして、あまり女性と話すことはなかった・・

 

そして、よくあるのが、先ほど述べたように朝が早いということですね。

そこで、バスに揺られて眠ってしまう方がいらっしゃるそうです。

 

もちろん、最初は緊張してバスに乗り、座席にすわっていますが、前日、緊張して眠れなかった・・・

 

などの理由でバスの中で熟睡・・ということもあります。

このようなことが無いように注意が必要ですね。

 

婚活を成功するには準備が必要

いよいよ、本題に入ってゆきます。

今回は、婚活パーティーと婚活バスツアーでの主な失敗を紹介しましたが、結婚紹介所や街コンなど、直接、女性と会って相手を見つける婚活を成功させるには、冒頭でも述べたように、前もって準備が必要です。

 

では、どのような準備をすれば良いのでしょうか?

自己紹介タイムの準備

自己紹介タイムの風景

婚活パーティーなど、婚活サービスで行うことは、「自己紹介タイム」ですね。

「自己紹介タイム」は自分のことをアピールします。

 

これは、形は違っていても、婚活サービスと言われるものは必ず行います。

まず、ここで戸惑う人が多いですね。

 

私が経験したのは、参加した女性は大きく円を描いて円の外側を向きます。

そして、男性はその外側の女性のさらに外側に円を作って並んで、それぞれ、自己紹介をします。

 

この、自己紹介の時間は3分間です。

並んでいる目の前の女性に自己紹介を3分済ませると、右回りに順に一人づつずれて、紹介して行きます。

 

このように、最初に自己紹介タイムをしますが、ここが最も重要なのです。

あなたの第一印象や言葉遣い、仕草など・・そして、何を大切にしているのか?

 

など、総合的に女性は判断して「こんな人なんだ?」ということを瞬時に決めているのです。

もちろん、あなたも逆に、女性からの自己紹介を見て判断しますよね。

 

そこで、前もって自己紹介をする準備をするということです。

 

プロフィールカードの書き方

プロフィールカードを記入している男性

 

先ほどの自己紹介タイムの元となるのが、プロフィールカードです。

その、プロフィールカードはパーティーが始まる前に書きます。

 

そこで、プロフィールカードの書き方ですが、女性が反応しやすいように書くことが重要です。

 

概ね、女性が興味を持つことは「休日の過ごし方」や「趣味」ですね。

 

なので、プロフィールカードの書き方は、「休日の過ごし方」と「趣味」について書いて行きます。

 

女性が反応しやすいプロフィールカードを書く

「趣味はおしゃれなお店めぐり」と言っている女性

 

例えば、あなたの趣味は何ですか?

と聞かれた場合、「読書」と答える方がおられますね。

 

読書は女性にとって、漠然としたもの・・また、「何の本に興味があるのか?」ぐらいが女性の反応になります。

 

なので、「そうですか・・」で終わってしまうことが多いですね。

また、「魚釣」や「写真」などの趣味も女性から見ると反応しにくいのです。

 

もちろん、釣りや写真を趣味にしている女性であれば問題ありませんが、めったに婚活サービスで、このような趣味を持っている女性と巡り合うことは難しいと思います。

 

逆に、あなたが「女性に趣味はなんですか?」と聞いてみると、「日本舞踊」とか、「ビーズ工芸」だと言われても、「一緒に日本舞踊を踊りましょうか!」とか、「ビーズ工芸を挑戦したいですね。」なんていえませんよね。

 

つまり、このように女性の反応が薄い趣味をプロフィールカードに書かない方が良いということです。

では、女性が食いつきやすいプロフィールカードの書き方を紹介しますね。

 

女性と共に過ごせる趣味をピックアップ

カップルで居酒屋デート

 

ポイントは一人で行う趣味ではなく、女性と共に過ごせる趣味をピックアップします。

 

例えば、「気のきいたお店へ行く」とか、「おしゃれな居酒屋に行く」など、女性と一緒に過ごすことが出来る趣味をプロフィールカードに書きます。

 

これを書くことで、格段とデートをするきっかけを作ることができます。

 

そして、自己紹介タイムの時でも、「気のきいたお店へ行くことが趣味ですが、先週、こんなお店を見つけましたよ」など、趣味の紹介から女性が興味を引く話題にスイッチすることが自然に出来ます。

 

さらに、「一緒にその店、行って見ませんか?」というアプローチを兼ねることが出来るということです。

 

この、最初の自己紹介タイム3分間に話が弾む内容を折込むことによって、婚活成功率は格段に上がって行きます。

 

つまり、最初が肝心なのですね。

出会った初っ端にあなたのインパクトを与えておくことで、フリータイムの時など、女性の方から近寄って話しかけてくれることがあります。

 

最初から、話が弾まないとか、ほとんど無口な状態だったら、フリータイムの時に孤立してしまい、結構辛い思いをする場合があります。

 

なので、最初がいちばん大切だということです。

 

では、次に、どのようにして、 より深く女性とコニュニケーションをとってゆくのか?

を紹介しますね。

 

共感から婚活を成功させる手順

彼女の興味を引き出している婚活男性

 

最初は女性の興味を確認して、話してゆくと、女性の反応が良いポイントを見つけることが出来ます。

 

例えば、この女性は「こういうお店に興味があるんだな・・」

そして・・・

 

「こういうデザインが好きで・・・」

 

「こういうスタイルの家具や食器など・・」

 

このように、概ね、女性の好みを理解することが出来ます。

 

つまり、相手の女性が話したいポイントが分かるのです。

そうすると、既に、女性の方が自分よりも多くしゃべっていることに気がきますね。

 

この状態になると、ほぼ、今日の婚活は成功したようなものです。

そして、さらに、相手の女性に喋らすことですね。

 

つまり、あなたは聞き役になるということです。

そもそも、会話は、聞くことよりも、話す方が気持ちが良いのです。

 

それは、話したことに対して共感されたり褒められたりすることが、とっても嬉しく感じるからです。

 

たとえ、ストレスが溜まっていても、始めてあった男性へ意気投合して話すことって、ストレス解消になり、心地よい喜びを感じるのです。

 

このようにして、婚活パーティーで知り合った女性を見事にゲット出来る・・・つまり、前もって準備することが必要だということですね。

 

たとえ、口下手であっても、人見知りでも、自分で考えて)準備(戦略)したものがあれば、心強いということです。

 

何も準備しないで、いきなりプロフィールカードや自己紹介タイムと言われても、書けないのが普通です。

 

私が経験した婚活パーティーでは、参加者の30%ぐらいプロフィールカードの趣味欄は空白・・・何も書いていない人がおられましたね。

 

このような人は、「今日も成果無し」とつぶやいて、帰宅しているのではないかと思います。

あなたは、こんなことにならないように、しっかりと準備してから参加しましょう。

 

まとめ

ヤル気が出てきた男性

婚活サービスを利用するには、前もって準備をしておくことが、成功する決め手となります。

今回は、主な失敗例を示して、その失敗を防ぐために準備をするということを紹介しましたが、たとえ口下手であっても、人見知りする性格であっても、下準備さえしておけば、何とかなるものです。

 

また、最初から流暢な話が出来る人なんて、ほとんどいないですね。

 

それは、ある程度、経験することで備わって来ますが、それよりも、ヤル気が大切だと言うことです。

 

ヤル気があれば → 完璧な準備が出来る→ 実際に話をする練習をする → 実践

 

このような図式にしたがって進めて行きます。

  • その1つの例として、婚活パーティーなど、最初に行われる、自己紹介タイムですが、前もって記入するプロフィールカードに相手の女性と一緒に楽しめる趣味を記載する。

 

そして、その内容を調べておくことによって、話題が豊富になり、いろんな話をすることが出来ます。

 

つまり、多くの引き出しを作っておくことが決め手となります。

 

このように、下準備をすることで、婚活の成功率を高める・・これをあなたも目指して頂ければと思います。