男性に気遣う女性

今回は女性との会話についてのノウハウをテーマにしました。

といっても、私のブログはコミュニケーションのノウハウ記事は多いと思います。

 

なので、同じような記事を紹介しても意味ありません。

それは当然ですが、今回は再現性があり、本気で学べば確実にあなたはモテるという教材をシェアしますね。

 

まず、女性から「また会いたい」と思わせる会話術というタイトルにしましたが、実は、

5分で初対面の女性の興味を引き、1時間後には「また会いたい」と思わせる会話術・・

これが正式名です。

 

この教材のタイトルを見れば具体的なので、主旨は理解出来ますが、果たしてどのような内容なのか?

気になりますよね。

 

そこで、最初にこの教材の価格はいくらなの?

ということですが、1000円です。

 

たったの1000円で女性から「また会いたい」と思わせることが可能になるのです。

 

私は値段で優劣を決めたりしませんが、さすが、1000円という価格を知ると「そんな教材大丈夫なの?」と疑っていました。

ところが、実際、教材を見てみると、数万円の価値は十分あると判断しました。

ということで、早速レビューしますね。

 

公式サイトは下記です。

5分で初対面の女性の興味を引き、1時間後には「また会いたい」と思わせる会話術

 

今回の記事で得られるものは?

女性と深い関係を持つ会話の仕組みが分かる

 

5分で初対面の女性の興味を引き、1時間後には「また会いたい」と思わせる会話術ってどんな教材?

ナンパしている男性

今回レビューする教材は、5分で初対面の女性の興味を引き、1時間後には「また会いたい」と思わせる会話術・・・つまり、これは、教材名ですが、考えてみれば、男女の出会いは、これぐらい短いタイミングでカップリングすると思います。

よく、友人から、彼女が出来た話を聞かされることがあると思います。

 

それは、「彼女に初めて会った時にビビッと来た!」などの表現は、おそらく5分ぐらいで仲良しになった・・ということでしょう。

このような出会いは、もっとも安定した出会いで、第一印象とともに相手の魅力に惹き込まれていく何かが働いているように思います。

 

そこで、この教材は出会いと同時にあなたの魅力をビビッと感じさせて、今後も会いたい・・・つまり、虜になってしまうノウハウが書かれている教材です。

 

私はこの教材をテキストを読み上げツールに入れて、読み上げ効果とPDFテキストを併用して理解するようにしました。

 

というのは、教材は100ページに及び中身は濃い内容なので、読み上げる音声と目で文字を理解する方法がもっとも頭の中に入りやすい学習法だと思ったからです。

 

では、次に、この教材はどういうノウハウで学ぶのかをシェアしますね。

 

この教材はどういうノウハウで学ぶの?

この教材は4つの章に分かれていますが、その流れの基本は3つです。

 

1)相手女性に話しをさせる態勢を整える

矢印下

2)会話を盛り上げて相手女性の心を開けてゆく

矢印下

3)会話の深度を高めて親密な関係を作る

 

そこで、この教材はどこを突破口にするのか?

と言えば・・・

 

相手を知って、それに対応した会話をするということです。

多くの会話教材は相手にアピールして攻めることが書かれていますが、この、5分で初対面の女性の興味を引き、1時間後には「また会いたい」と思わせる会話術はそうではありません。

 

では、具体的に言うと・・・

まず、お相手女性はどのような性格なのかを知る

矢印下02

その女性の性格に適した会話をする。
意気投合する
矢印下02

さらに深い会話に落とし込む
矢印下02

恋愛に発展する

このような流れを目指します。

つまり、後出しジャンケンのようなものですね。

  • 相手女性はどういうことを言えば好むのか?
  • どういうことが苦手なのか?
  • どういうことを言えば好奇心を高めるのか?

などを会話を通じて知ることから始めます。

と言っても、あなただけが会話のリードをするのではなく、反応を探って、良い反応があれば、そこを広げてゆくだけで、女性はあなた以上に多く話してくれるのです。

ここを目指すということです。

 

もちろん、お相手女性の性格を知る前に、女性とは?

という、女性特有の性質を理解しなければなりません。

 

というのは、一般的に女性という生き物はどういうことを好んでどういうことを嫌うのか?

を前もって知っておく必要があるからです。

会話以前に把握することは女性特有の性質を知ること

上司に叱られている女性事務員

例えば、あなたに、女性から「嫌な上司がいてストレスが溜まっている」

「もう会社なんて辞めたい気持ち」・・

と打ち明けられたら、どうしますか?

 

あなたは、「問題は何なの」とか、「そんな会社なんか辞めればいい」など・・・

普通に返答すると思います。

 

これって、助言を求められている・・・

または、解決策を知りたがっている・・・

と思いますよね。

これは男性の考えです。

 

ところが、女性は本当に会社を辞めたいという気持ちよりも、話を聞いて欲しいだけなんです。

なので、あなたは、「そんな上司いるよね、僕も何度か経験しているけれど、本当に頭にくる」「それで、今、ストレスの状態、大丈夫?」など、お相手女性に共鳴して、気遣ってあげることが正解なのです。

 

女性はとにかく話したいことと、その話しに対して共感して励ましてくれるだけで、スッキリするものです。

もちろん、女性は会社を辞めたいと言っていても、解決する手だけは自分には分かっているのです。

 

このような、女性の性質を理解することも教材には多く書かれています。

しかも、よくある、会話例を挙げて説明しているので、身近に感じることが出来て理解しやすい構成になっています。

 

このように、一般的な女性の性格を知って、どのような性格なんだろうと探りを入れてゆくのです。

もちろん、探りを入れる話題の投げ方などもしっかりと教材に書かれています。

会話スイッチを入れる

 

会話スイッチが入った女性の表情

女性と深い関係を目指すには、まず、「会話スイッチを入れる」ということです。

でも、女性は初めて会った男性に、率先して話し出すことなんて極めて少ないですね。

 

そこで、あなたが会話スイッチを入れてあげると、気を許して話し出すということです。

そのスイッチの入れかたは、どのようにすれば良いのか?

このノウハウを習得したいと思いますよね。

 

教材では、まず、ダメな会話例を挙げて紹介しています。

つまり、あなた・・・こんな会話をしていませんか?

という悪い会話例です。

 

よくあるのは、社交辞令のような日常の会話から発展しない会話や、いきなり好意を示す会話をするというスタイルです。

会話の流れなど考えずに、いきなり誘ったり、褒めてみたりすると、女性は違和感を感じて拒否してしまいます。

これって、よく失敗する典型的な例ですね。

 

つまり、温度差が違うということですが、女性は、異性として意識しているので、何か下心があって、言い寄ってきそうな雰囲気を感じたら距離をおくのです。

これは、その男性に興味がある・なし、に関わらず、違和感を察知するからです。

要するに、知らない男性にはついてゆかないということですね。

 

そして、また、デートを重ねて行くうちに女性の態度が変わってくるなどはダメな会話によるものです。

これは、つきあっても、つまらない会話ばかりだったら、興味が遠のいてしまうのですね。

 

基本的に女性は興味から恋愛モードに入っていくからです。

 

そこで、会話にスイッチを入れるということですが、女性は、あなたに対しての好感度のレベルで判断して、どういう会話をするのが適切なのかを判断します。

なので、まず、あなたは相手の好感度レベルを予測して会話を始めることですね。

 

これは、例えば、まだ、知り合ったばかりなので、普通以下の好感度レベルだとしたら、女性に興味を示す会話を避けた会話からスタートします。

でないと、会話以前の段階で撃沈してしまいます。

 

もちろん、教材では好感度のレベルを知る方法、そして、具体的な会話例、さらに、好感度を上げるノウハウが書かれています。

好感度計測のコツ

5段階の好感度レベル

 

男性は女性に好意をもつと、希望的観測をして好感度を高くするケースがあります。

これは、自分が好きだから、女性の態度も良く見えて自分にも好意を持たれてるという勘違いをしてしまうからです。

このような間違った好感度は失敗を招きます。

 

教材では、この好感度に関して、好感度が低い場合、女性はどういう会話や態度をするのか?

などをランク別で示しています。

 

好感度のランクは、好き、ちょっといい、普通、ちょっと苦手、嫌いの5段階で分かりやすく説明しています。

これを理解して、今の段階での会話の方法を知って、さらに、好感度を上げるアプローチ方法を学びます。

 

好感度を探る方法は、例えば、食事や遊びに誘ってみることです。

その結果、女性はどのように反応をするのか?

 

例えば、女性は、2人でゆくことは避けて友達も呼ぼうと提案してきたら、好感度は低いことが考えられます。

また、喜んで受けてくれるのであれば、好感度は高いということですね。

 

このように女性の反応を見て、さらに好感度を上げてゆきます。

教材では、好感度を知るダメな聞き方や正しい聞き方が書かれているので、聞き方を覚えておくと、即、実践できますね。

 

さらに、好感度が低い段階から上げてゆくノウハウも書かれています。

それは、誘っても応じてくれないということですが、断り文句に対して会話を維持させる方法をとります。

 

これも、ダメな聞き方や正しい聞き方がありますが、女性の好感度は、あなたと話したくないというレベルだとしても、少しぐらい話してもいいというレベルまで引き上げてゆくことです。

 

これが、女性の会話スイッチを入れる方法・・・つまり、女性が興味を示す会話をすることです。

このように少しずつレベルアップすることが出来れば、次第にあなたに興味を強めてゆくことが出来るのです。

 

これが、第一歩です。

たとえ、女性には彼がいたとしても、このように好感度を上げることが出来れば、大いに期待しても良いレベルまでいけますね。

女性は3つのパターンがある

3タイプの女性

教材には女性のパターンについて書かれています。

つまり、パターンによって、会話の方法が違ってくるということです。

 

1)恋愛経験が少ない女性

2)恋愛経験が多い女性

3)男性と話すことなど意識していない女性

これらの3つのパターンですが、パターンごとに会話例を示してどのように戦略をとるのかが書かれています。

そこで、目的は、女性が「この人は私の話を心底から聞いてくれる人だ」と認識してもらうことです。

 

これは、安心を得ることですが、安心=安全という土台があるからです。

この安心出来るということは、より深く話し合えることが出来るのです。

 

そして、基本である、3つのパターンの女性すべてに言えることは、最初は「好意を伝えないこと」です。

これは、会話以前のことですが、女性を知っていれば分かります。

 

そこで、好意を伝えるのはいつ?

ということですが、もっと、ずっと後です。

お互いに魅力を感じ始めた時に好意を伝えましょう。

女性の話しの聞き方次第で好感度が上がる

女性の相談にうなずく男性

女性からの話には聞き方があります。

その1つは相づちですが、この相づち1つとっても話す内容によって、相づちの入れ方が違ってきます。

 

そして、聞き上手でなきゃならないことです。

そこで、もっとも重要なことは、相手女性の話す内容に理解を示すことです。

 

もちろん、共感することも重要ですが、それよりも、理解してくれていることを女性が感じると安心につながるのです。

つまり、好感度が上がるということですね。

 

教材では、いろんなパターンの相づちの入れ方について学びます。

また、女性の話についての答え方も具体例で示されています。

 

よくあるのは、意外と弾まない返答になったり、誤解されても仕方ないような会話になったり・・・

無意識で話していると好感度を下げる会話になってしまいます。

 

そして、理解を示す相づちですが、ただ、うなずいているだけでは、ダメな場合があります。

聞き上手の基本である、相づちを含めて会話を弾ませる聞き方を学ぶと効果的に女性の好感度は上がります。

女性と親密な関係になるためには、話題の深度を深めてゆく

話題の深度を深めた場合の会話内容は

よくあるパターンで、女性とは友達関係のまま、その以上、発展しないと悩んでいる男性がいらっしゃいます。

これは、浅い会話だけの関係・・・つまり、友達なんですね。

 

そこで、浅い会話から深い会話へと導くと、恋愛感情が芽生えるということです。

つまり、深い話題ほど女性との関係性が深まりやすいということです。

 

その、ノウハウも教材にはしっかりと書かれています。

つまり、日常会話からどのように話を進めてゆくと会話の深度を深めることが出来るのか?

ということです。

これも、会話の例を示して話題の方向を変える具体例で学びます。

著者の村田 康介ってどんな人

著書の村⽥ 康介さんのPDFジャケット

この教材を作った人は村田康介という人です。

村田さんは恋愛コンサルタントです。

 

そして、村田さんは、10代の頃からナンパを数多く経験してきた人で、3桁を超える女性をゲットしてきたそうです。

この実績を見ると理にかなった教材だと納得出来ますね。

 

ただ、今回紹介した理由は、聞き上手という観点です。

つまり、相手女性を観察して、ウィークポイントを探り、そこを突破口とします。

 

私の以前の記事で城咲仁「今からモテにいくぞ!」

そして・・

田辺祐希の「デートの教科書」をレビューしましたが、いずれも元ホストという経歴・・・つまり、自ら女性をリードしてゲットする手法ですが、村田さんの手法はこれらとは違ったものだからです。

 

考えて見れば、村田康介さんの手法は、自然な出会い(恋愛)に演出を加えたようなものなので、これは多くの人がトライしても成功する可能性は高いと思ったのです。

 

その理由は、話し手ではなく、聞き手だからです。

話し手になろうとすると、話すテクニックが必要です。

 

もちろん、内容や表現方法など、習得しなければならないですが、聞き手はそのようなテクニックはあまり必要としません。

まず、女性の本質を知って、女性のタイプを見極めて、どんな性格なのかを探りを入れる会話だけで良いということです。

しかも、会話を進めてゆく中で相手の好みなどを知るノウハウは男性同士であっても通用出来ると思います。

婚活だけではなく、上司や同僚に対しても応用が効くので、この知識は是非習得して欲しいですね。

 

5分で初対面の女性の興味を引き、1時間後には「また会いたい」と思わせる会話術は1000円です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事ですが、良かったら下記をクリックお願いします。 クリックしていただけると、励みになります。