結婚相談所のアドバイザーと対面

今回は結婚相談所の闇というテーマで進めて行きたいと思います。

結婚相談所・・・

あなたは、どのようなイメージをもっていますか?

  1. 会員になると、ほぼ確実に結婚相手が見つかる・・・
  2. アドバイサーが相手を探してくれるので、それほど努力しなくても良い
  3. 入会金が高い、しかも、成婚した場合はもっとお金を支払わなければならない・・・

まあ、一般的ですが、このようなイメージを持たれている方がふつうだと思います。

でも、結婚相談所には、闇があるんですね。

闇・・・これって、結婚相手を見つけてはくれると思いますが、不当な扱いをされてお金ばかり支払わなければならないという詐欺的な相談所なんですね。

もちろん、このような相談所は、ほんの一部ですが・・・

そこで、今回は結婚相談所の闇・・・実際にあった事例を紹介しますので、参考にしていただきたいと思います。

今回の記事で得られるものは?

運命の人とは何なのか?どうすれば、運命の出会いが可能になるのかが理解できる。

 

成婚料が目当て

結婚とお金

結婚相談所は成婚料が目当てです。

成婚料は5万円〜20万円が相場だと言われています。

この成婚料は、結婚という願いを叶えてあげたということだから当然と言えば当然ですね。

ただ、結婚相談所の闇と言われている部分は、成婚させる手順があまりにも速いというか・・・

真剣なお付き合いに移ることを煽る傾向があります。

つまり、結婚を前提としたお付き合いをして、ご両親にも紹介するということです。

そして、3週間で真剣なお付き合いをするという目標を与えられるのです。

その理由は、長いお付き合いをすると破局するケースがあるからだと言います。

なので、相手とデートするごとにアドバイスが入り、極端に言うと、操り人形のようになるんですね。

もちろん、恋愛のペースが速ければ、全く問題ありません。

でも、3週間で真剣なお付き合い・・・そこまでは決めることじたい大変だと思います。

ここで、アドバイザーのプラン通りについて行けなくなって退会する人がいますね。

結婚相談所の仕組み

結婚相談所のパターン

まず、結婚相談所の仕組みを知る必要がありますね。

と言っても、結婚相談所は、さまざまです。

自分がネットで相手を見つける低価格のサービスから、大手の結婚相談所のように、アドバイザーがプランを立ててくれるサービスがあります。

そして、低価格の結婚相談所でも、オプションでアドバイザーが加わってくれることもあるんですね。

なので、サービスによって違ってきます。

そこで、結婚相談所の多くは連盟に加入しているんです。

連盟とは、データベースを共有してお見合い相手を探してくれるという仕組みです。

これは、小さな結婚相談所でも連盟に加入さえしておけば、多くのデータベースからあなたに合った人をピックアップして提供できるので、会員の募集に困ることは無いというメリットがあります。

有名なのは、株式会社IBJが運営する「日本結婚相談所連盟」です。

IBJの会員数は67,512名(2020年12月実績)なので多くのデータベースの中から選ぶことができるということです。

ということは、あなたが会員になっている結婚相談所とお相手が会員になっている結婚相談所は違うということがありますね。

結婚相談所同士の連携で成婚を煽る

結婚相談所同士が連携して情報交換をしている。

お相手とあなたは、結婚相談所が違うということは普通にあります。

ということは、お見合い後のお付き合いにしても相談所が違うので、進行の度合いが違ってきます。

そこで、結婚相談所同士が連携するんですね。

それは、お付き合いの進行状態を把握して今後どのように進めて行くのか?

を話しあうのです。

もちろん、これは一般的な進め方ですが、闇と言われている相談所は無理やり進行させてしまうのです。

例えば、本人(会員)が言ってないことを相手に伝えたりして、とにかく成婚させる方向へもってゆくのです。

そして、悪質な相談所はプロフィールも改ざんするんですね。

悪質なプロフィール改ざん

改ざんプロフィールを送信

成婚させるにはプロフィールを偽って伝えることもあるそうです。

これは、実際にあったことです。

会員のプロフィール欄に信仰している宗教名が書かれていたことです。

そこで、結婚相談所のアドバイザーは宗教が書かれていると、ほぼ、成婚不可能だと判断して、その宗教の文字を消して相手に伝えていたということです。

これって、プロフィールを改ざんしたということですね。

結婚相手が最初に見るプロフィールに宗教名が書かれているという意味を考えると相手に信仰している宗教のことに理解を求めているということです。

それを改ざんしたということは、もし真剣なお付き合いに発展した時は大変な事態になることは予想されます。

このような、悪質な相談所に引っかからないことですが、注意のしようが無いということですね。

IBJの情報

先ほど述べたIBJ(日本結婚相談所連盟)の情報を伝えておきますね。

まず、お見合いをして交際が始まりますが、この段階では、「一般交際」と呼ばれています。

そして、お付き合いを複数回して、結婚を意識するようになると「真剣交際」になります。

この、真剣交際になる期間はお見合いから3ヶ月を目処にされています。

でも、3ヶ月で判断できない場合は6ヶ月まで考えることができるそうです。

よって、先ほど述べた3週間というのは悪質な結婚相談所だと判断してもいいと思います。

東京 結婚相談所

お見合い必勝法 結婚・お見合いパーフェクトマニュアル

まとめ

今回は結婚相談所の闇というテーマで悪質な相談所を紹介しました。

もちろん、何でも闇は存在します。

また、利用する人によって感じ方が違います。

そして、結婚相談所と言うよりも、アドバイザーの器量によって、随分違ってきますね。

でも、結婚相談所はお金は掛かりますが、早く結婚相手を見つけることができるというメリットは魅力ですね。

なので、あなたに合った結婚相談所を見つけて会員になることですが、今回の事例を参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回の記事をご覧になって、宜しければクリック応援をお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ