横になってスマホに夢中になっている男性

あなたは自分のことを内向的?・・それとも?外向的?

このようなことを考えたことありますか?

 

というのは、婚活をするにあたって内向的だったら不利になりますよね。

こんな事は、誰でも理解していると思いますが・・・

 

そこで、今回は内向的という婚活に向かない性格の人を婚活成功への考え方を述べてゆきたいと思います。

それは、内向的という武器を使うと婚活はうまく行くということです。

 

今回の記事で得られるものは?

内向的な性格を武器として婚活を成功させる考え方を知る

 

内向的という武器を活かす

あらゆる角度から調べている男性

内向的な人は外向的な人と比べて劣っているように思われていますが、決してそうではありません。

まず、内向的な男性は・・・

ものごとの判断はじっくりと考えて、分からないことは情報を調べて知識としてインプットしています。

 

ということは、外向的な人よりも、慎重だと言うことですね。

なので、予想外の失敗はあまりありません。

 

そして、情報を調べるということは、感受性が豊かだということなので、発想力も高いといえます。

つまり、人の気持ちが分かるので、一旦、仲良くなった相手とのコミュニケーション能力は高いですね。

 

これは、内に秘めた能力ですが、その能力を発揮するには行動力を要します。

この行動力がネックになっていますが、これを乗り越える考え方を身につければゴールインは近いということです。

行動力を身につける

行動を起こす仕組み図

何でもそうですが、行動する人は願いを叶えることができます。

でも、内向的な人は行動が伴わないので変化が無い・・・つまり、願いを叶えることができないということですね。

内向的な人は・・・

  1. あまり人とコミュニケーションをとらない
  2. 自分に自信が無く、すぐに傷ついてしまう
  3. 控えめで実行力が乏しい

こういった共通点があります。

もちろん、こういうことは分かっていると思います。

 

そこで、「行動」さえ出来れば婚活は成功します。

でも、行動ができないからダメなんですね。

 

では、どのようにして行動力を高めることができるのか?

それは、ある考え方を変える努力をすることです。

すぐに反応して感情を表す決意をする!

レモンをかじって感情を表す訓練している男性

ある考えとは、「すぐに反応して感情を表すことです。

「それが出来ればいいけどね」・・・

と思うでしょう。

 

というよりも、心の底では内向的な自分に満足しているかも知れませんね。

そこで、このままだとずっとこのまま・・・

 

なので、内向的な自分を変えようと決意することです。

その第一歩がすぐに反応して感情を出すことです。

 

と言っても、自分の性格を変えることは、そう簡単なことではありません。

それよりも、そもそも、内向的な人は反応が乏しくはありません。

 

内向的な人も反応はしていますが、表現として人に対して感情を出さないのです。

その結果、「感じ悪い人」とか「何考えているのか分からない」と思われてしまうのです。

そして、自分も相手の表情を悪く感じて、ますます感情を出すことが億劫になってしまうのです。

人に分かってもらうことを課題にする

意見がぶつかり合っている男性2人と内向的な男性1人

内向的な人は、人に対してというよりも、自分の内面で処理します。

外向的な人は、感情が先に来るので、すぐに言葉や態度で自分の考えを表現します。

 

例えば、外向的な人は、初対面の人と会って意見がぶつかると「この人は分からない」とか、「嫌な奴だ」と思います。

ところが、内向的な人は、「この人は分からない」という自分が感じたことを追求します。

 

つまり、自分が分からないと感じた部分を深く考えて掘り返すのです。

なので、その人に対して何にも感じていないのです。

 

このような、根本的な感じ方の違いがあるので、内向的な人は出来るだけ奥深く考えないように心がけることが大切ですね。

そして、常に自分はこういう人なんだと分かってもらうように行動することです。

 

よくあることですが、初対面では分からない人だと思っていたけれど、仲良くなれば人の気持ちが分かる人なんだと感じたこと、ありませんか。

これと同じように、人と触れ合って自分を理解してもらうことを課題にすればどうでしょう。

 

人にあなたのことを分かってもらえば、あなたもその人のことが分かります。

ということは、今まで自分だけの世界で処理していたことが外へ飛び出して人の繋がりを感じ取って共有することができるのです。

この、人との繋がりを実感すれば、もう内向的な自分を卒業しているということです。

恋愛に対する価値観は外向的な人とは違う

外向的な男性の考えと内向的な男性の考え方

恋愛について、内向的な人の考えと外向的な人の考えは、かなり違います。

その一つは、おつきあいをする理由です。

 

外向的な人は概ね、フィーリングでお相手を選びます。

例えば、「可愛い」とか、「趣味が同じ」

このような、感じたことがおつきあいをする決め手となります。

 

ところが、内向的な人はおつきあいをするには、自分が決めているハードルを超える人でないとダメなんですね。

ということは、恋愛よりも、結婚の意識が強いので、「人生を共にしても問題ないか・・・」

ここまで、考えているのです。

 

ということは、ますます、恋愛は難しくなりますよね。

そこで、内向的な価値観も改める必要があります。

内向的な価値観を変える

価値観という看板を引きずっているイメージ

内向的な人は、あまりにも深く考えるので先に進まないという傾向があります。

そこで、価値観を変えますが、まず、恋愛の目的ですね。

 

極端な例ですが、今までは・・・

恋愛=人生を共にする

これを・・・

恋愛=相手を通じて自分を知る

このように置き換えて考えてみてはいかがでしょう。

つまり、恋愛はパートナーではなく自分を見つけるということです。

 

このように考えると、深く考えることをしなくなります。

その理由は、恋愛は、やってみないと答えが出ないからです。

 

つまり、行動しなきゃ始まらないということですね。

今までは行動すらできなかったのが、立派に行動することができるということです。

 

そして、自分を見つけるということは、いろんな人と出会って自分が失敗したことや成功したことなど経験を積んで、それを学習して自分を磨いて行くということです。

 

この考え方は今までの価値観から脱出することができます。

つまり、もう内向的では無い自分が存在しているのです。

まとめ

自分は内向的なので、恋愛や婚活はできない・・・

そう思っている限りはできないでしょう。

 

でも、時間が経てば年齢は高くなる・・・つまり、増々、結婚は遠のいて行きます。

そこで、内向的人間から脱出するトレーニングをしてはいかがでしょう。

 

それは、内向的な人に備えられた感受性や発想力ですね。

これを活かして、まず、行動することです。

 

そして、人に分かってもらう課題や恋愛に対する価値観を変えることです。

このように発想が変われば行動に移すことができるのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今回の記事ですが、良かったら下記をクリックお願いします。 クリックしていただけると、励みになります。