インスピレーションを感じさせる女性

前回の記事では、コロナ騒ぎで外出自粛なので自宅で婚活する「オンライン婚活パーティー」を紹介しましたが、今回は、この自粛期間にピッタリな自分磨きをテーマにしました。

 

つまり、今まで婚活して、うまくゆかなかったことをイメージして「自分の思考を改善しましょう」という内容です。

そこで、インスピレーションを活用します。

 

まず、人を判断する材料としての多くは目で見た情報です。

つまり、見た目ですね。

美人とか可愛いとかです。

 

でも、美人ではないけれど、「何となく、自分に合っている気がする」

とか・・

「全然、自分のタイプではないけれど、女性らしい心地よさを感じる・・・」

などを感じたことはありませんか?

これって、インスピレーションが働いている証拠なのです。

 

また、好きだと思っていた女性と偶然、街で出会って仲良くなった・・

そんな偶然はどこから来たのか?

など・・・

 

今回は、自分の心の底から湧き出るインスピレーションのパワーを紹介しますね。

 

今回の記事で得られるものは?

インスピレーションとは?そして、インスピレーションを活用することで願いが叶う原理を理解することが出来る

 

インスピレーションを働かせるとピッタリの相手が出現する

出会った女性のことを思い浮かべている男性

ふと出会った彼女・・・

なぜか、彼女と恋愛するみたい・・・

だとか、直感で相性がピッタリだと分かった・・・

 

このようなこと、よくあることですが・・

これがインスピレーションです。

 

そこで、「ビビッと来たと直感したんだね。」

とかよく言われますが、直感とインスピレーションとは同じものなの?

 

ということですが、同じでは無いようです。

直感は自分の過去の出来事や感じたことから現れるもの。

 

一方、インスピレーションは、心の底(潜在意識)から引き出されたもの・・・

でも、このインスピレーションを直感だと言われていますね。

 

もっと、詳しく言うと・・・

インスピレーションがきっかけとなって、直感が働いて判断(行動)するということです。

いずれにしても、始めて出会った女性に1秒も経たないのに、ビビッと感じたことを直感及びインスピレーションを感じたと言われています。

 

この仕組みは、自分が願っていたことや感じていたことが、無意識領域からアクセスされて、現実になったということです。

ということは、願うことが重要だということですね。

「私はこうなるんだ」と願うとインスピレーションとなって現実化する

今後の願いをスケジュール化している男性

婚活していて、自分の嫁さんになる女性はこういう人で、こんな感じで・・・

さらに、こういう結婚式を挙げて、こういうお家に住むんだ・・・

 

という願いを常に抱いていると現実になる可能性が高くなります。

これは、願いが引き寄せてくれるからです。

 

つまり、願うことで、それが叶えられるということですが、多くの人はこれを信じないのです。

それは、顕在していることだけが現実になると思っているからです。

 

いや、実際はそうなっているようです。

でも、奇跡のような出会いが実際にあったり、また、きっかけとなるヒントを得たりします。

 

ところが、出会った本人は偶然という言葉で処理をしているのです。

それはなぜかと言うと、潜在意識からのアクセスなど知らないからです。

 

そこで、インスピレーションを働かせることを考えて、潜在意識に願いを入れてゆくとどうなると思いますか?

思ってもいなかったあなたの願いが現実化するのです。

 

あなたが婚活をして、理想の女性を思い願っていたら、あなたにピッタリな女性が現れるということです。

そして、さらに、一生を共にすることが出来るのです。

 

その理由は、あなたの潜在意識が出会いのシチュエーションを作りインスピレーションという形で行動を促してくれるからです。

つまり、インスピレーションは、あなたの潜在意識から発せられたもの・・・要するに、あなたが願い求めていたものなので、そう簡単に消え失せることなど無いのです。

だから、先程述べた「ビビッと直感を感じた」とか、「この女性と結婚するかも?」

という感じ方をするのです。

ネガティブ感情は危険

落ち込んでいる男性をメガホンで励ましている男性

そこで、一つ落とし穴があります。

それは、ネガティブ感情です。

 

常にネガティブな感情を抱いている人・・・

いますよね。

 

ネガティブは必ず増幅して自分に襲いかかってきます。

その結果、ネガティブのスパイラル状態になり、抜け出せなくなるのです。

 

「いいことなんてありえない」

「俺は何をやってもダメなんだ・・」

 

こういうことを常に言っている人は、そのネガティブが潜在意識に入り込んでゆくのです。

そうすると、ネガティブが増幅されてゆく・・・

 

この状態を続けていると、何年経っても幸せはやって来ません。

むしろ、やってくるはずが無いのです。

それは、願いがネガティブだからです。

 

つまり、先程の自分のポジティブな願いを潜在意識に入れるのと、ネガティブなことを入れるのとは、まったく違った生き方になるということです。

なので、ネガティブ感情を抱くことはとっても危険なんですね。

出会いにはシチュエーションが必要

出会いの場に出かけたらをイメージする

インスピレーションを働かせるにはネガティブ感情を取り除き、ポジティブな願いを潜在意識に入れることですが、もう一つ重要なことがあります。

 

それは、出会いのシチュエーションです。

シチュエーションとは「状態」、「状況」、「事態」などいろんな意味を含んでいますが、ここでは、出会いの場へ出向くことです。

 

先程は願いが現実化するということを書きましたが、願いがあるなら、その場・・・つまり、シチュエーションが必要なのです。

恋人を求めるなら、そのような、ところへ行かなければ、願いだけで終わってしまうということです。

 

ここが、消極的だったら、願いは叶えられないのです。

インスピレーションの重要性が分かっていても行動しないと願いを成就することが出来ないのです。

 

つまり、積極的でないと今の自分のまま、未来へと進んでゆくと言うことですね。

例えば、仲間と合コンを企画したり、趣味のサークルに参加する。

 

SNSやインターネットで情報交換してお友達になる、そして、職場やバイト先で出会ったり・・・

考えてみれば、あらゆるシチュエーションであなたの願いを実現するきっかけを作ることが出来るのです。

 

つまり、チャンスやヒントが存在するということです。

そして、行動があるからインスピレーションが生まれるということです。

そこで、よくあるインスピレーションを紹介しますね。

願いが実現する引き寄せの法則

コンビニの女性店員

あなたはコンビニのバイト店員さんに恋をします。

と言っても、いきなり声を掛ける勇気などありません。

 

でも、店員さんが好きなので、何度もそのコンビニに行きますよね。

何度も通っているだけで、進展しないまま、あなたは思い悩みます。

 

そういう状態の中、偶然、駅で電車を待っているときに、その店員さんと出会います。

そこで、あなたはなぜか、自然に挨拶をしたり、声を掛けることが出来たのです。

 

このきっかけによって、結婚相手になったということ・・・

これは、単なる偶然ではなく、あなたの願いが偶然のようなシチュエーションに引き寄せられた結果なのです。

 

あとになって、彼女のことなど、まったく知らなかったのに、なぜ、あの時間に駅で出会えたのか?

そして、彼女は、いつもこの電車で通っていなかった・・・

ところが、あのときは電車の遅れでいつもと違った時間の電車に乗ったとのことなどです。

 

このようなことは、誰でもありえると思いますが、偶然ではなく願いが現実化させているのです。

つまり、願えば実現するという引き寄せの法則が成り立っているということです。

まとめ

今回は、スピリチャル的な記事になりましたが、人生はすべてこのような、願望が重要な役割をもっているのです。

考えてみれば、アスリートは4年に一度のオリンピックに大きな願いを注ぎます。

 

そこで、練習中に事故があって、怪我をしてしまった。

こんなことは、普通にあることですが、アスリートは怪我の回復が驚くほど早いことです。

 

その回復力が早いという理由には願いが強いからです。

私たちとは違った強い願いがあるから、アスリートになったということですが、それ以上に困難を克服する力を持っているということです。

 

願いが強いということは、ただ単に強く願っていることではなく、願いを成就させるアイデアを多く持っています。

例えば、治療を受けている病院選びについては他のアスリートとのつながりやコーチの判断など、多くの選択肢からベストな方法を選ぶ環境が備わっています。

 

もちろん、願いを潜在意識に入り込ませてインスピレーションを引き出す能力は長けています。

だから、普通の人との回復とは違った早い回復力をもっているのです。

 

これと同じように、婚活も、強い願いをもって真剣に取り組めば、かなりの違いがあると思います。

今回の記事で、今の自粛の過ごし方を考えていただければ私はとても嬉しいです。

 

今回の記事ですが、良かったら下記をクリックお願いします。 クリックしていただけると、励みになります。