婚活サイトとパーティーの違い

婚活をスタートするには、まず、スマホで簡単にできる、婚活サイト(マッチングアプリ)に登録してマッチングを目指しますが、うまくいかないのではないでしょうか。

 

そこで、自分の理想をゆるくします。

そして・・・「マッチングできた!」ということで、実際会ってみる ・・・

ここまでいいんですけども、会ってみるとプロフィール写真と全く違う女性だった・・・

 

また、会ってみると、 いい感じの子なのに、何か宗教の勧誘目的だった・・・

 

こういう経験ありませんか?

 

それだったら、「婚活パーティー」に参加する方がダイレクトでいいと思います。

つまり、婚活パーティーは会うことがスタートです。

 

パーティーに申し込むと、当日、いきなり女性と会うことが出来ると言うことですね。

そこで、うまくゆけば、会ったその時点からお付き合いを始めることが出来ます。

 

これは、婚活サイト(マッチングアプリ)とは違って即効性があります。

 

もちろん、どちらもメリット・デメリットがありますが、「当たって砕けろ!」的な婚活パーティーはおすすめですね。

 

そもそも、婚活は、より多くの女性とお話しする経験を積むことが重要です。

つまり、いろんな女性と会うことによって、自分に最も適した相手を見つけることが可能になりますが、自分の長所、そして短所を発見することが出来るのです。

 

これは、自分を知ることになるので、より、「自分に合った人はこんな人」ということを見つけ出すことができますね。

ということで、今回は婚活パーティーで彼女を見つける近道を紹介します。

 

 

婚活パーティー に参加する人ってどんな人

婚活パーティーの目的を確認する男性

まず、「教えてgoo」からの質問です。

初めて婚活パーティーに参加します。

仕事で忙しくてなかなか出会いもないので、

いい人と出会えたら、お近づきになれれば良いなというのが本音です。

なので今すぐ結婚したいという感じではないです。

一般的なイメージとして、婚活パーティー=結婚みたいなイメージがあるので、

私のような感覚で参加する方は少ないのかなと心配になってきました。

私と同じような感覚で婚活パーティーに参加している方っていますか?

 

婚活パーティーに参加している人は結婚目的だと思いますが、それはうまく行ったらの話なので、「気の合う相手がいたら、とりあえず付き合ってみる」と言う考えで望めばいいと思います。

 

逆に焦ってパーティーに参加される方もいらっしゃいますが、その態度が相手に伝わるので、失敗する人が多いですね。

つまり、余裕のない婚活はうまくいかないということです。

 

よって、あなたの婚活パーティーの目標は・・・

 

婚活パーティーに参加する。

気の合う相手を見つける

デートに誘ってどんな人なのかを知る

とりあえず、この辺までを目標にすればいいと思います。

 

婚活パーティーで選ばれない男からの脱出

パーティーで選ばれた男性

以前のブログ「婚活パーティー(お見合いパーティー)で挫折する理由
に書きましたが、婚活パーティーは・・・

 

  • ライバルが多い
  • 話上手なタイプがモテる

 

これは、概ね、こういう傾向だということを知る必要があります。

でも、前もって準備をしていくことで、選ばれない男からの脱出・・つまり、成功する確率は格段に上がりますね。

 

何も準備をしないままで、参加する・・・これは、運まかせになるので失敗することが多くあります。

そこで、前もって準備をするポイントを紹介します。

 

まず、女性とお話しする基本からです。

 

女性とお話しをする基本

聞き上手な婚活男性

お話しの基本ですが、最後まで相手の話を聞くことです。

決して話の途中に口をはさむことはしないことですね。

 

それをすると、相手は「自分の話を興味深く聞いてくれた」と思うので、気分がいいものです。

また、あなたは、強く共感すると、ますます、話は進んで行きます。

 

なので、聞き上手になることをおすすめします。

決して、話の途中から、別の話に移行させたりしてはいけません。

 

そして、共通点を見つけて、さらに女性からの話を盛り上げることが出来れば、選ばれる男に変身します。

 

このようなことですが、前回のブログで「女性と話をする 心が弾む会話の方法とは?」に詳しく述べていますので、見て頂くことをおすすめします。

 

そして、パーティーに参加する前の準備ですね。

これは、以前の私のブログ記事にも下準備については書かせていただいていますので、参考にしていただければと思います。

婚活パーティー(お見合いパーティー)で挫折する理由

 

上記の記事では、女性が男性を選ぶ1つの例として書きましたが、概ね、女性は男性の収入の多さに魅力を感じることが多いですね。

これは、女性の年齢が高くなればなるほど、相手男性の収入が気になるということです。

その多くは、 キャリアウーマン的な方ですが、婚活パーティーは、まず、会うということから始まるので、あなたの人柄が相手女性にとって魅力を感じる・・・つまり、収入よりも人柄が勝っていると選ぶ視点が変化すると言うことです。

 

これは、婚活サイト(マッチングアプリ)とは違ったものになります。

マッチングアプリだったら、「いいね」を頂けないと、プロフィールの段階で外されてしまいますね。

 

そこで、婚活パーティーであなたの人柄をうまく伝えることが出来れば、女性から選ばれるということになります。

 

それには、最初にプロフィールカードを書きますが、このプロフィールカードの書き方についてお教えします。

 

プロフィールカードは自分の紹介ではなく自分をアピールする

パーティーの受付風景

婚活パーティーは、サービスによって、違いがありますが、まず、受付前にエントリーカードを記入するか、メールで知らせられた申し込み番号などを受付に示して、参加料金を支払います。

 

受付では、本人確認後、番号札と「プロフィールカード」を渡されるので、そのプロフィールカードを記入します。

 

プロフィールカードはその後、自己紹介で必要になるので、アピールを兼ねた印象的なイメージを入れると効果がありますね。

 

例えば、イラストを書けるのであれば、書いてみると会話が弾みます。

 

プロフィールカードは最初、相手の女性が見るもの・・・つまり、あなたを伝えるものなので最も重要です。

 

なので、自分をアピールする目的で書きます。

そして、相手女性がプロフィールカードの内容を見て、会話のきっかけ作りが出来ればベストですね。

 

それで、プロフィールカードの書き方ですが、まず、文字は丁寧に、分かりやすく書きます。

もちろん、すべての項目を記入して空白を残さないのが鉄則です。

 

もし、空白が多いと・・

 

会話のきっかけを作ることが出来ない

あなたの印象は薄いということになり

情報が無いということは不安を感じる

弾む会話もなく成果無し

と言う結果になってしまいます。

なので、できるだけあなたの情報を分かりやすく伝えましょう。

 

プロフィールカードの主な項目

プロフィールカード

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 年齢
  3. 趣味・特技
  4. 住所
  5. 最終学歴
  6. 血液型(星座)
  7. 身長
  8. 職業
  9. 勤務地
  10. 自分の性格
  11. 休日の過ごし方
  12. 休日はいつ?
  13. デートに行きたい場所は?
  14. 好みのタイプ
  15. 好きな芸能人
  16. 最近気になる事
  17. 家族構成:チェックする
  18. 興味のある本と映画
  19. 年収:チェックする
  20. お酒は飲む?:好き・ほどほど、飲まない、などチェックする
  21. タバコ:吸う・ときどき・吸わない、などチェックする
  22. ペット:いる・いない、などチェックする

 

プロフィールカードは、おおよそ、このような内容になります。

なので、婚活パーティーに参加する前までにどのように書くのかを決めておきます。

 

それで、項目は自己紹介をするというより、自分をアピールするように書きます。

 

氏名や年齢などは、そのまま書けば良いですが、趣味や特技、職業、休日の過ごし方、デートに行きたい場所は?などは、相手女性と会話する材料になるので、ここは、興味を持って頂くことを意識して書きます。

 

では、書くポイントを紹介しますね。

 

職業は具体的に書く

プロフィールカードを簡単に書き終えた男性

例えば、職業欄に会社員と書く方がいらっしゃいますが、会社員ではなく、貿易会社の営業やIT企業のエンジニアなど具体的に書きます。

 

趣味や特技も職業と同じように、具体的に書くといいでしょう。

 

そうすると、会話でのキャッチボールが出来るので話が弾みます。

 

休日の過ごし方やデートで行きたい場所は共感を誘う内容にする

以前の記事にもプロフィールカードの書き方を紹介しております。

 

プロフィールカードの書き方

 

女性が反応しやすいプロフィールカードを書く

 

女性と共に過ごせる趣味をピックアップ

 

上記の記事を参考にして頂ければと思います。

 

それで、休日の過ごし方やデートで行きたい場所ですが、価値観に関係してくるので、重要な項目の1つといえます。

 

また、会話のきっかけとなるのが、趣味やデートで行きたい場所です。

この箇所はどのように書けば相手女性に響くのかを考えて書くことがポイントです。

 

なので、自分一人で楽しむ趣味ではなく相手と共有出来る趣味を選ぶようにしましょう。

でも、嘘はあとあと、失敗になるのでやめておきましょう。

 

好みのタイプはアバウト思考で・・

 

好みのタイプは具体的に細かく書いてはダメです。

 

例えば、「可愛い人」とか「きれいな人」はNGで、少しぼかして「親しみやすい人」とか、「ぬくもりを感じさせる人」など、当たりさわりの無いアバウトな思考で書きます。

 

このように書くと、相手は「あまりこだわらない人」と感じるので、女性にとって、雰囲気的に良い印象を与えます。

 

私が婚活パーティーで失敗したこと

失敗した

婚活パーティーは、利用するサービスによって内容がかなり違ってきます。

その内容というのは、サービスの流れではなく利用する参加人数や質です。

 

これは、サービスによっての違いですが、20人程の規模で男性10名:女性10名のパーティーがありますが、小規模な男性5名:女性5名があったり、酷い場合は男性5名:女性3名のパーティーもあります。

 

このような、パーティーでは男性にとって不利ですよね、

男性2人は相手がいない状態になったりして、また、もしイケメンがいたりすると、やってられません。

 

でも、これも、経験だと思って次回のパーティーでは注意するようにしていますが、概ね婚活パーティーは場数を踏むことによって、コツを覚えて行きます。

 

つまり、多くのパーティーに参加することで、鍛えられるというか・・分かって来るということですね。

それで、私が失敗したことを紹介します。

 

  1. プロフィール記入で字が汚い
  2. 漢字がど忘れして書けない
  3. 気に入った相手のナンバーを忘れてしまった

 

上記3項目は私が失敗して反省した項目なので、あなたも同じ失敗をしないようにしてくださいね。

 

字が汚い・漢字が書けない

婚活失敗

これだけは、仕方ないと思いますが、前もって書くべきことを練習しておけば大丈夫です。

また、スマホのメモに書き写しておくと、カンニングしてプロフィールカードを記入すれば良いということです。

 

字が汚いのは、練習しかないですね。

 

婚活をやってゆくには、自分をアピールすることなので、ペン習字を習うという方法がありますが、ネットで無料で公開しているサイトがあるので、そこで勉強するというやり方が良さそうです。

 

気に入った相手のナンバーを忘れてしまった

うっかり彼女のナンバーを忘れてしまった男性

婚活パーティーでは、本名ではなく、ナンバープレートを渡されるので、そのナンバーを覚える必要があります。

 

そして、気に入った女性のナンバーを覚えていて、指名するということですが、多くの女性と数分間お話しをするので、誰が良かったのか?

 

相手のナンバーを忘れてしまったりします。

 

もちろん、チェックカードを渡され、印象をチェックしますが、数分のお話しで次から次へと話しをしてゆくので、つい記入漏れをしてしまうということですね。

 

これは、意識しておけば、忘れることはありませんので、気をつけることですね。

 

前もって、女性参加状況を知っておく

パーティーへの参加状況が分かる画像表示

先ほどの男性5名:女性3名の婚活パーティーが存在するということを述べましたが、これは、サービスを選ぶ段階で分かってきます。

 

例えば、パーティーパーティーという婚活サービスは、女性の参加状態が分かります。

 

「女性先行中の婚活パーティー」ページを見ると、日時と場所、年齢別で男子残り1席とか、女性2席など、空き状況をリアルタイムで表示されるので、この表示内容を確認してから参加することが出来ます。

 

パーティーパーティーを選べば、極端に女性が少ないパーティーに引っかかることは無いということですね。